カート
ユーザー
絞り込む
ワインの種類
コンテンツ
Pachamama パチャママ 2019 ¥4,254(税込)
4,254円(本体3,868円、税386円)
Pachamama パチャママ 2019 ¥4,254(税込)
4,254円(本体3,868円、税386円)
※この商品は20歳未満の方には販売できません。

<Cyril Le Moingのコメント>
2017年と似た特徴を持ちます。熟度が増したカベルネ・ソーヴィニヨンを多めにブレンドしたことにより、いつものチャーミングさや華やかさよりもしっかりとしたタンニンが際立っています。また、今回のメイン品種グロロー・グリ由来のパチャママらしい花のような香りも感じられます。ファーストヴィンテージの2014年以来の私のお気に入りです。

Similar profile with 2017, even more ripe . A majority of cabernet sauvignon gives tannic style and the grolleau gris bring some flower smell.

*亜硫酸の人為的添加一切なし、無濾過、加熱処理を行っていないナチュラルワイン
品種:カベルネ・ソーヴィニヨン70%、グロロー・グリ20%、、グロロー・ノワール5%、ガメイ5%
畑名:ル・ポンジュ
土壌:砂利
畑の向き:西向き
栽培面積:0.40ha
仕立て方法:ゴブレ式
平均樹齢:30年
植樹密度:5,000本/ha
収穫量:20hl/ha
マセレーションの有:10日間、除梗せず、手作業でピジャージュ
アルコール醗酵期間:20日間、醗酵温度コントロールはしない
熟成:木樽(5〜15年古樽)で10ヶ月間
総亜硫酸量:15mg/L以下
このキュヴェの年間生産ボトル本数:560本

<香りと味わい>
グロロー・グリのバラのような香り、カベルネ・ソーヴィニヨンのタンニンとブラックベリーのニュアンス

<ラベルの名前の由来>
シルヴィアのセンスでワインのエチケットを決定。パチャママとは、ケチュア語・アイマラ語で「母なる大地」を意味します。アンデスの古い神話にあらわれる代表的な女神で、先コロンブス期に、先住民たちによって信仰されていました。豊穣を司る大地の神であり全てのものの母なる存在。また、山や川など大地のすべてを表すものとされ、特定の姿で示されることはなく、日本の神道の八百万の神にも通じるものがあります。

<生産者>
シリル・ル・モアン/シルヴィア・ル・モアン